MJF in ミューザゲートプラザ(11/21〜24)

2014年11月21日〜24日 ミューザゲートプラザにて
モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン イン カワサキPRライブが行われました。

場所はフリーライブでおなじみミューザゲートプラザ。
4日間、12組のアーティストが各30分、2ステージを行いました。

4日分…!少々長いイベントレポートとなりそうですね!
それでは早速、21日から順に出演者ご紹介して参ります!!

21日17:00〜20:15 出演 : E-Yu / 飯田舞 / sources
この日は夕方、陽も沈み暗くなりイルミネーションの点灯がきれいな時間帯でした。

トップバッターは E-Yu のお二人!
中々見られないレアなユニットですね、この日も久しぶりの結成だったそうで…
スタッフも一年前のモントルー以来のE-Yuのお二人でした。
写真-5

次は 飯田舞さん、パーカッションサポートと2人でステージ彩ってくださいました。
冷える夜のミューザ…寒さに負けず素敵な演奏と歌を披露してくださいました。
写真-6

普段であれば3組のアーティストが2回ずつ演奏、ではございますが
この日は少々異例の演奏順、E-Yu、飯田舞の2組が先に2ステージを終え最後の1組が演奏をする、
という変則スケジュールにてお送り致しました。
21日最後を飾って頂きましたのは sources の3人です。

この寒い11月下旬に半袖になり気合い十分で最後の1曲、
「チャルダッシュ」をsourcesカバーアレンジバージョン演奏してくださいました。

その気合い十分なお姿を是非こちらにも掲載させて頂きたかったのですが、諸事情により掲載が出来ません。
素晴らしい演奏と気合いだったことだけはお伝えしておきます。


さて、続きまして22日のアーティストをご紹介致しましょう。
22日14:00〜17:50 出演 : akko / 有坂ともよ / KIKU

この日はソロ活動のアーティスト3組です。
まずはパワフルな歌声を昼下がりのミューザで、akkoさん。

写真 1-3

次に海外留学より戻られて初のソロステージだったそうです、有坂ともよ さん。
ジャズアレンジ邦楽カバーや新曲など、盛りだくさん!物販コーナーでは早々に完売CDが出ていました。
写真 2
22日最後のアーティストは KIKU さんです。
KIKUさんは以前にもこちらのイベントレポートに登場して頂いたことがありますね。
気になる方は是非遡ってチェックしてみてください。

と、ここまででやっと折り返しですね。
長々と綴るのも読む方大変かと思いますので前半はここまでに致しましょう!
また後ほど、23日24日について更新させて頂きます。

関係者、アーティストの皆様、足を運んで頂きました皆様、寒い中ありがとうございました。
お疲れさまでした!