あさお芸術のまちコンサート〜新春コンサート

2015年1月7日(水)麻生市民館ホールにて「あさお芸術のまちコンサート〜新春コンサート」が開催されました。

一部、二部でガラリと構想が変わる一風変わった面白い演出です。
先着1000人強、入場無料のコンサートとは思えない素敵な演奏が続きました。


オープニングは突然会場に鳴り響く和太鼓の音から始まり、オルガン伴奏によるアヴェマリアの独唱。
まずは一部の朗読と演奏のご紹介をさせて頂きます。
「こどもの世界」と題し、「まど・みちお画集「とおいところ」」朗読と演奏を交互に繰り返す。
演奏は「百合ヶ丘シュランメルン」「丸山哲郎・中嶋美穂・山口さゆか(リコーダーとピアノと歌)」
「デュオ・リエート(弦楽二重奏)」「デュオ・アルディート(ピアノ連弾)」「FAiCO(ピアノと歌)」の5組。

最後は1部の出演者全員がステージに並び幕が降りる、というものでした。
ステージを上、下2つに分けて上手で演奏、下手で朗読ととても珍しい舞台構成でございました!

ここで休憩を挟み2部のスタートです。

まずはゲスト「多国籍音楽 アンサンブルむげん」の演奏から始まりました。
オーストリアの伝統楽器、ハックブレットやルーマニアの民族楽器、パンフルート等、
とても珍しい楽器を用いた演奏で コンドルは飛んで行く 他素敵な演奏ご披露頂きました!

第2部はモーツァルトの鎮魂、ち題し「アンサンブルミレー&弦楽合奏」「3.11忘れない~明日に向かって合唱団」
ゲストとして「麻生高校吹奏楽部」の演奏。

20150107_143505

フィナーレは全員で「花は咲く」、麻生高校と出演者による素敵な生演奏で最後を飾って頂きました。

20150107_144648

午前中は会場外の広場にて七草粥が振る舞われたそうです。
ご来場頂きました皆様はお召し上がりになられましたでしょうか?
一年の無病息災を願って、それともお正月の祝膳で食べ過ぎてしまった…!酷使して弱ってしまった胃を休める為でしょうか。
日本独自の素敵な文化に触れられる素敵な一日になりました。

リハーサル含め2日間、関係者の皆様、ご来場頂きました皆様本当にありがとうございました。